【最新】これだけは読んでおきたい!おすすめ恋愛小説7選

クリスマスも終わり、年越しのカウントダウンがはじまりますね

巷では、「クリスマスなんて一人でひきこもりだいっ」という方もいらっしゃったかと思われます

ほんとは自分だってときめきたいのに、クリぼっちだった・・・そんな方に提案です

恋愛小説でも読んで妄想だけでもキュンキュンしてみるっていうのはどうでしょう?

そんなんますます寂しくなるって?

でもね、ほら。やっぱり素材がないと妄想すらしにくいっていうのもありますよね。

まあそんなことしても、ますます寂s

えーと・・・今回は、寒い寒い冬におすすめな恋愛小説をご紹介します

10代から大人までそれぞれ楽しめる作品を選んでみました

きっとこんな寒い冬でも妄想だけで乗り切れますよ(危ない)

 

 スポンサーリンク

 

 

阪急電車

隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車―人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。
「BOOK」データベースより

 

阪急電車』はとにかく構えずにさくさく読めます

ローカル線で出会ったひとが互いに少しづつ影響を与えて、またその人が・・・みたいな。短編っぽいけどどんどんつながっていく話です

やっぱり人はみんな何かしら抱えているけど、誰に少し話を聞いてもらえたりとか、誰かに些細な一言をもらったりしただけで、見える景色が変わってくることもたくさんあるなあ、と思えます

 

▼こんな人におすすめ▼
人とのかかわりに飢えている人、人間不信に陥っている人、人の温かさに触れないと気が狂いそうな人

 

夜は短し歩けよ乙女

後輩である少女に恋をしている「私」は、彼女という城の外堀を埋めるべく日々彼女を追い掛け、なるべくその目に留まろうとしている。しかしその彼女はなかなか「私」の想いに気づいてくれない。2人は奇妙な人物に出会い、奇抜な事件に巻き込まれてしまう。恋愛ファンタジー。

夜は短し歩けよ乙女 - Wikipedia

 

 大学生が主人公の話です

「私」は恋する後輩の女の子を追いかけるのですが、行く先々で事件になんやかんや巻き込まれていくのですよ

なんかあっちこっちでごちゃごちゃ起こってても最後は一点に落ち着く系の話です

お~!まとまった!!

ってなる

収束していくスッキリ感がたまらないですね

面白いっていうより、読んでて楽しい気分になります。もう少しこの世界に浸っていたいなーって。あと京都行きたくなる(笑)

ちなみに、2017年4月7日にアニメ映画が公開されます

主演が星野源なのでわたしはたぶん観ます(←ファン)

 

▼こんな人におすすめ▼
片思い中の人、心が荒んで青春が思い出せない人、京都に行く予定のある人、映画の予習をしたい人

 

君の膵臓をたべたい

主人公である「僕」が病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本。それは「僕」のクラスメイトである山内桜良が綴っていた秘密の日記帳であり、彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くはないことが記されていた。「僕」はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。
「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。

君の膵臓をたべたい - Wikipedia

 

これは泣けます。泣けるとわかっていて読んでも泣ける

タイトルが一見変わっているけれど、読めばこれしかありえなかったということがわかります

漫画だと『四月は君の嘘』が好きな人は絶対好きです

ちなみに2017年夏に実写映画化されますよー

浜辺美波北村匠海北川景子小栗旬出演です

こういう系の作品は映画化向いてますよね!お金のにおいがします

 

▼こんな人におすすめ▼

小説読んで泣きたい人、予想外の結末が好きな人、映画の予習をしたい人

 

ふがいない僕は空を見た

高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが―。姑に不妊治療をせまられる女性。ぼけた祖母と二人で暮らす高校生。助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編。 

 

おれ(斉藤くん)や恋人・友人・母親のあらゆる人生を描いたオムニバス作品です

面白いというか切ない気持ちになりました

いわゆる「恋愛小説」ではなくて、生々しくて偏狭的だけどリアリティがあります

上に紹介した『阪急電車』での登場人物たちが抱える問題は、その時はつらくてどうしようもないけど、時がたてば「あんなこともあったなあ~☆」とネタにしようと思えばできることだと思います

それに対して本書のそれは、登場人物たちが一生背負って生きていくしかないようなことです。物理的な痛みは無くても一生自分についてまわるのです

だけど人にはそういう部分が少なからずあるから、それらと折り合いをつけて上手に付き合っていかなきゃなあと思いました

 

▼こんな人におすすめ▼

ただ純粋な恋愛小説が読めない人、リアルで生々しい作品が読みたい人

 

キッチン

両親と祖父を早くに亡くし、祖母と暮らしてきた大学生・桜井みかげだが、その祖母さえも亡くしてしまい、天涯孤独の身となる。ある時、同じ大学の学生で、祖母の行きつけの花屋でアルバイトしている田辺雄一に声をかけられ、雄一宅に居候することとなる。雄一はオカマバーを経営する母・えり子(実は父・雄司)と2人暮らしである。みかげは田辺家のキッチンで眠るようになり、風変わりなえり子・雄一親子とも少しずつ打ち解けていく。かつてのボーイフレンドとの再会などを経て、日を追うごとに祖母の死を受け入れ、みかげの心は再生していく。

キッチン (小説) - Wikipedia

 

これは私が昔から大好きな小説です

文体というか物語の雰囲気がすごく好きで、定期的に読みたくなります

私はこの小説がきっかけで吉本ばななさんの作品を多く読むようにもなりました

この作品は、親しい人を亡くして残された人のその後をいくつかのストーリーで見ていくものです。家族を亡くし、その喪失感や消耗は言葉では言い表せないほどの時もあるでしょう。しかし、それぞれがそれぞれの方法で立ち直っていく姿は、やはり美しい物語であると感じました

過去は変えることができず、人間には今を生きることしかできません。そして、未来はいつでも未知数です。未知数なのですが、その未来を見つめる「まなざし」を持っているからこそ、今という時間をいとおしく感じることができるのだと思います

 

▼こんな人におすすめ▼

前を向いて生きていきたいと思う人、吉本ばなな中毒になりたい人

 

僕は勉強ができない

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ――。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪い。この窮屈さはいったい何なんだ! 凛々しくてクールな秀美くんが時には悩みつつ活躍する高校生小説。

山田詠美 『ぼくは勉強ができない』 | 新潮社

 

この本は、 「勉強ができる人間=優れた人間」という、ある意味で横暴であるが、一方でそれは社会の根底に横たわる価値観、そして学校教育の価値観であるということに対するアンチテーゼであります

学校という場においては特に、何の根拠もない世間一般の常識を振りかざしている先生や親などが多くいますが、本書では自分が正しいと思うことに忠実に生きていく人たちが登場します

その生きざまは読んでいて気持ちいいです

こういうことって日常においても、「ほんとはこれが正しいと思うけど、世間一般的にはこれが常識だから」ってことがあると思うんですよ。暗黙の了解みたいな

それを主人公たちが言ってくれるのはスカッとしますよね。自分では言えないけど、みたいな

私もできるだけ自分が正しいと信じることに忠実に生きていきたいと思ったし、それと同時にできるだけ多くの価値観を尊重したいと思いました

行き過ぎた正義は悪と同じですからね

 

▼こんな人におすすめ▼

なんか常識にとらわれすぎて生きづらい!と感じている人、痛快な話を読みたい人

 

イニシエーション・ラブ

僕がマユに出会ったのは代打で出た合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて……。「必ず2回読みたくなる」と評された驚愕のミステリー

文春文庫『イニシエーション・ラブ』乾 くるみ | 文庫 - 文藝春秋BOOKS

 

これは、ただの恋愛小説ではないのです。叙述トリックのある恋愛小説、いや、「恋愛小説の体を成した叙述トリック小説」と称した方が正確かも知れない

内容は甘く初々しい恋愛小説ですが、本書はいわゆる大どんでん返し!があるのでミステリージャンルにも属します

作品紹介では「2時間後のあなたは、本書をもういちど読み直しているはず」とか「最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する」というなんとも購買意欲をあおる文言が書かれています

しかし紹介の通り、最後の2行で恐怖するので一度ぜひ読んでいただきたいです

過去にどんでん返し小説で『イニシエーション・ラブ』を紹介しています 

like-place-market.hatenablog.com

 

▼こんな人におすすめ▼

甘々の恋愛を読みながらどんでん返されたい人

まとめ

いかがでしたでしょうか!これだけは読んでおきたい恋愛小説をご紹介しました

クリスマスに予定がなかった方も年末年始予定がない方も、とりあえず恋愛小説でも読んで心を温めてください

きっと本に夢中になって現実なんて忘れてしまいますよ☆

まだまだ寒い日は続きますのでご自愛ください

 

 

スポンサーリンク

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

広告を非表示にする