読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【必読】音楽やってなくてもハマること間違いなし!超おすすめ音楽漫画5選

漫画の感想・紹介

 

最近音楽漫画ふえた・・・?(気のせいかも)

音楽テーマだと映画化しやすいし、映画化されると知名度上がるからかなー

私は音楽漫画が好き。それは「音楽を通して多くのことを学ぶことができるヒューマンストーリー溢れる作品」がたくさんあるから!

今まで数々の作品を読んできたけど、その中でも特におススメをご紹介します。

 

四月は君の嘘

有馬公生は、かつて指導者だった母から厳しい指導を受けて数々のピアノコンクールで優勝する神童であった。しかし、彼は母の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

それから3年後の4月、公生は14歳になり幼馴染の澤部椿を通じ、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールで、かをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聴いて、母の死以来モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色づき始める。

かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、渡と椿の幼馴染である公生とも行動を共にするようになる。公生はかをりに好意を抱くようになるが、親友である渡りに気を遣って想いを伝えない。椿は公生の恋心に気づき、また自身に芽生えた公生への恋心にも気付き苦悩する。

かをりは、公生のことを友人Aと呼び、ぞんざいに扱いつつも、自分の伴奏を命じるなど、公生を再び音楽の世界に連れ戻そうとする。また、かつて公生の演奏に衝撃を受けピアニストを目指すようになったライバルたちにも背中を押され、公生は再び音楽に道に戻っていくが、実はかをりには秘密があった。

四月は君の嘘 - Wikipedia

 

この漫画は、ストーリー展開もさることながら、私が考える一番の推しポイントは「音楽表現が巧みである」こと!

漫画という媒体だとどうしても「音」が読者に伝わらない。どうやったら読み手に「音」が伝わるのかといえば、それはやはり作者の力量であり技術なのだと思うんよね。四月は君の嘘』のいい演奏場面は本当に美しい。

 

f:id:like_place_market:20161210203324p:plain

 

また、上のあらすじにもあったように、『四月は君の嘘』は恋愛要素も強め。みんなが何か抱えていて、うまくいかないけど、一つ一つ乗り越えようとする。

俗にこの漫画が泣けるといわれるのは、音楽面ではなくこっちの要素なのだ。

このタイトルの意味は、最終巻を読むとわかる!

私もご多分に漏れず泣いた。

 

のだめカンタービレ

ピアノ科に在籍しながら指揮者を目指すエリート音大生・千秋真一は、胴体着陸の恐怖体験による飛行機恐怖症であることから、クラシック音楽の本場であるヨーロッパに行くことができず、将来に行き詰まりを感じていた。そして担任教授の教育方針に反発し、口論の末に決別。別れた彼女にもつれなくされ、自暴自棄になっていた。

ある日、千秋は酔っぱらって自宅の前で眠ってしまう。目が覚めると周囲にはゴミの山と悪臭、そして美しいピアノソナタを奏でる女性がいた。彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)で、千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していた。

入浴は一日おき、シャンプーは三日おきというのだめだったが、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じとる。そしてのだめも、千秋の外見と音楽の才能に憧れて彼にまとわりつくようになる。

千秋は、将来に行き詰まりを感じていたため無愛想だったが、本来は面倒見がいい性格で、のだめの存在が潤滑油となり、音大の変人たちに出会い、順調に道を踏み外しながらも音楽の楽しさを思い出し、新しい音楽の世界と指揮者への道を切り開き始める。

のだめカンタービレ - Wikipedia

 

でた!みたいなね。

はい、定番きた!みたいなね。

でも本当に面白いからこその定番だよね。

ドラマも面白いけど、改めてこの漫画の良さを挙げるとすれば、不安なく読めること!それは、多くの人がなんとなくのストーリーを知っているというのもあるし、登場人物がみんないい奴なのもあると思う。変にドキドキしながら読まなくていいというね。

あとは、クラシック全く知らなくても問題なく読めること。本当に音楽知らなくても楽しめる。

音楽要素も、恋愛要素も、青春要素も、ギャグ要素もあって・・・よくばりな漫画だ!!

f:id:like_place_market:20161211155453p:plain

 

ピアノの森

森の端と呼ばれるかなり治安が悪い街「森の端」に娼婦の息子として生きる主人公・一ノ瀬海。彼は、誰にも弾けない森に置かれたグランドピアノを普段からおもちゃのように扱い、彼だけがそのピアノを弾くことができた。

そんな彼の元に転向してきた世界的に有名なピアニストの息子である雨宮修平。ピアニストを目指す彼は、森のピアノを弾く一ノ瀬海の音に衝撃を受ける。

それとほぼ同時期に一ノ瀬海は、元有名なピアニストであった音楽教師・阿字野壮介の目に留まり、コンクールに応募することとなる。

森の端で暮らしてきた一ノ瀬海だが、修平や、阿字野、そしてコンクールの面々と出会っていくことで、少しづつピアニストになっていく。

彼が小学生から17歳になるまでを描いた作品。

 

これは名作!!何回読み返したかわからん。しかも、読み返すたびに泣く。

ピアノの森』は本当にすべての人に読んでほしい作品。

演奏や音表現も素晴らしいのだけれど、やはり推しどころはそれぞれが成長していく過程!海は本当にいろんな人に想われていて、応援されていて、海もまた周りの人たちを大切に思いながら、みんなが海とともに成長していくその過程!!

そこに私は毎回泣いてしまう(笑)

 

f:id:like_place_market:20161210231127p:plain

 

BLUE GIANT

主人公はバスケ部に所属する宮本 大。
中学の時、友人に連れられて見に行ったジャズの生演奏に心打たれた。
その後、たった独りでただがむしゃらにテナーサックスの練習をはじめる。

ダンクシュートを打つ身長も、ジャンプ力もない。
身体には限界がある。
でも音にはきっと………

楽譜は読めず、スタンダードナンバーも知らない。
ただひたすら真っ直ぐ突き進んでいく。

「絶対にオレは世界一のジャズプレイヤーに、なる」。
雨の日も猛暑の日も毎日毎日サックスを吹く。
初めてのステージで客に怒鳴られても。
それでも大はめちゃくちゃに、全力で吹く。

「僕好きだな、君の音」。
ものすごくめちゃくちゃな演奏。
でも、人を惹きつける力が大の音にはある。

激しく変わる。激しく成長する。
ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す物語。

BLUE GIANT | ストーリー

 

BLUE GIANT』は熱い!本当に熱い漫画

主人公・大のジャズに対する情熱も熱いし、周りの人の応援や仲間も熱い。

また大の、真夏でも雨でも雪でもただただ練習を続ける姿は尊敬するものがあると思う。すごい精神力だなと。きっと本当にジャズが好きでやっているから、できることだと。

あと他の音楽漫画は、恋愛とかストーリーも合わせて楽しむというのが多いけれど、これは音で勝負している漫画だと思う。音楽漫画の中でも本当に音が「聴こえる」漫画じゃないかと。こんなかっこいい漫画ない!

 

f:id:like_place_market:20161211140107p:plain

 

カノジョは嘘を愛しすぎてる

――嘘ばかりつく僕のことを カノジョは「正直な人だ」って言うんだ。
人気バンド・クリュードプレイ(クリプレ)の大ファンである小枝理子は、ある日一人の男性、“小笠原心也”と名乗る人物にナンパされる。理子は彼が鼻歌で歌っていたメロディーに聞き惚れ、彼が元クリュードプレイ(クリプレ)のメンバー(小笠原)秋だと知らずに付き合うことになるが…?

カノジョは嘘を愛しすぎてる - Wikipedia

 

俗にいう『カノ嘘』ですね。映画化もされたので割と有名どころ。

音楽を通して、恋愛・人間関係・成長・・・といろんな要素があるこの作品。

バンドのメンバーや周りの人たちがみんな何かを抱えていたり、嫉妬心を抱いたり、嫌いになれたら楽なのになれなかったり、誰かのそばにいたいのにいられなかったり・・・

そんな人間の心が、音楽があるからこそうまく綺麗に描かれている!

恋愛要素では、あまりほかの漫画では見ない新しい恋愛観って感じ。これも音楽ありきで。

とにかく続きが気になって気になってしょうがない!

 

f:id:like_place_market:20161211154744p:plain

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?音楽やっててもやってなくても、音楽好きならぜひ読んでほしい作品を集めてみました!

今まで馴染みのなかったジャンルも、読んでみるとその音楽聞いてみようかなってなったり、趣味が広がったりするから本当におすすめ!!

音楽漫画で世界を広げよう!

広告を非表示にする