読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【必読】え?まだ『思考の整理学』読んでないの?

本の感想・紹介

『思考の整理学』はもうご存知でしょうか?

もうかなり有名な本で、1986年に出版されています。

しかし!1986年に書かれたとは思えないような新鮮さなのです!

私は、この本を何年か前に読んで、

え、外山滋比古っていう人すげえ・・・

ってなって、それから外山さんの過去に出版された本を、買いあさって読んだくらいです。

さらに言えば、私は月に何冊も本を買ってくるので、すぐに本棚がいっぱいになり、定期的に売らなければなりません。

その際、どれを売るか選別しますが、この本は私の中では、絶対に売るリストには入りません。何年も(笑)

そのくらいですね、読んでほしいんです、皆さんに!

 

どんな本なの?

タイトル見て「なんかモノの考え方?とか教えてくれるの?」と思った方。

少し正解です。

確かに「考えに行き詰まったら、こうしたら?」みたいなことは書かれていますが、自己啓発本にありがちな「絶対にしろ!こうしないと成功できないぞ!!」という感じではないです。

いうなら「まあ、僕はこうしてるんですけどね。まあでも、合う合わないあるし、これが絶対正解ってわけじゃないよ(笑)」みたいな感じ。

でも、これが絶対って言われているわけじゃないからこそ、議論の余地があるというか、こちらもいろいろ考えながら読めるから、一層面白いのです

他にも、創造的なアイデアの整理法についても書かれています。

外山さんは「広い視野を持って、自分の力で考えていけよ」みたいなことを重視されているようで、大変勉強になりました。

あー書いてたら、読み返したくなってきた(笑)

とにかくですね、ぜひ一度読んでみてください。

そんな分厚くないし、文庫本だし、安いし、面白いし、役に立つし・・・

読まない理由がない。

 

広告を非表示にする